忍者ブログ
17 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

31 May

HGUC ザク ザクマシンガンをつくる

武器の配備


すでに地球への降下を終えている我がHGUCザク部隊と当ブログですが、唯一の工作塗装済み完成機である隊長機がコンテスト提出の都合で公開できず、さらに未帰還、ほかの機体の制作も進んでいない有様です。あまりにも見るべきものがありません。

手を動かそうと思いますが、塗装環境の大幅ステップアップ(例のヤツ導入です)も予定しておりまして、今はキットをまるまる消費する気になれません。

そんなわけで、ちまちまと工作とか素組みとかをしばらくいきます。今回からは、隊長機でもやったザクマシンガンの加工を。

問題点とかと更新にあたって

スケールが小さいので、そんなに凝っても見えない、見られないっぽい武器パーツです。が!模型は自己満足度が大事!というわけで、そこそこやりたいと思います。

なお、今のところうちのブログの検索キーワードは「イージーペインター」がかなりの率を占めていますので、塗装の段階では使って行きたいなと。これはザクマシンガンに関わらず。

ブログですので、ここは自己満足だけじゃアカン、と。せっかく見に来てもらうので、なんらか情報なりモチベーションの片鱗なり、微力ですが提供したいと思います。


さて本題。HGUCザク付属の一般的なザクマシンガンです。この成型色はスターターセット付属です。あらかじめ、マガジン裏はエポキシパテで埋めて、平面に削ってあります。

イメージするものとの差も特には感じないマシンガンですので、合わせ目、パーティングラインなどの処理がメインかなと思います。側面では、スコープ部が気になるところ。


HGUCでは一般的なモナカ構成のため、上部には派手な(きちんと組み立てればここまできっぱりはでませんが)合わせ目が。接着して、やすりで消していきます。接着は、瞬間接着剤が手っ取り早いのですが、筆者の好みで溶着します。頑丈が一番。
マガジン上部も、ちょっと十字モールド近辺がだるいので、少しだけ手を入れます。



銃床部、ストックは、後部合わせ目にまたがる丸モールドあり。側面には、床尾板と床尾の境目に、実際の形状がよくわからない丸モールドがあります。プレスっぽい形状なのかな?それともピンが打ちこまれたようなヤツなのか…。
後ろはごまかし気味にいっても平気な気がしますが、横のほうは対処しないと、きれいなスミが入りそうにありません。


隊長機では、側面の丸モールドは穴にしてしまいました。それもどうなの?という意見もありそうですが、今回も穴か、穴開け後に棒を突っこむかでいくつもりです。
埋めて平らにしてしまって、こんなモールドなかったことにしちゃうのも良さそうですが、苦労の割りに退屈なストックになりそうです。


ちょっと迫力不足に感じる銃口部。先端の穴の大きさはスケール的には合っているんだと思います。が、側方のスリットが空いていないのがまずい。ここも、上の写真のように開口していこうと思います。

そんなわけで、次回からも適当に素組みとかこの続きとかアップしていこうと思います。なお、接着や塗装をするとしばらくそのパーツは放っておくので、その間は素組みとか他の遊び 汗


ガンプラ ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村
PR