忍者ブログ
17 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20 June

HGUC ザクマシンガンをつくる その5

スコープとフォアグリップ

いくらなんでも、普通の1/144のザクマシンガンで5回も記事を引っぱったのは当ブログが始めてなんじゃないかと思えてきました。地味なネタですけど今回もがんばります。

といっても、佳境の本体が先回で終わっているので、あとはちょいのちょい、です。

フォアグリップ

1/144というのは、今回やるようなパーツをいじるときにはちょっと酷なサイズです。部品が小さくて、再現度が低い。

合わせ目が走っているので、溝の部分を、やすりなりナイフなり、エッチングソーなり、とにかくあらゆる手を使って取り除きました。

かちっとさせたたかったら、削る以外の方法も考えていいと思うのですが、なにせ4門も作っていますし、今回はこれでよしとします。

スコープ

真ん中のパーティングラインをやすりで処理したところですが、前後の段差との高さの差がほとんどありません。きちんと段を彫るかどうか。

ザクFS型隊長機では、形状を改造してしまいました。前後の段を切り落とし、後部に棒をつけて最近のザクのセンサーぽくしています。

結局、今回はつるつる旧キット状の仕様にすることにしました。

さあ、これで次回はサーフェーサー処理になります。サフを吹いて、粗を見つけたらまた修正、ですね。正直、FSから通算5本(しかも連続)のザクマシンガンを作っていて、ちょっと飽きました 汗。


ガンプラ ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村
PR