忍者ブログ
17 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 July

HGUC ザクマシンガンをつくる その7

イージーペインターでザクマシンガンを塗る

with クレオス・スーパーブース

最初に言っておきますと、下色のつや消し黒が途中で切れまして、マシンガンの進捗としては今回は中途半端な回です。イージーペインターの追加レビュー、および新兵器スーパーブースの感想をお送りします。


レベリング薄め液で約1:1.5に希釈した塗料で塗装です。付属カップで塗料を作った後は、左の細い容器に入れて本体にセットします。

スプレーで吹くよりは、粒子感のない、平滑な塗装面が得られるようです。透け感も出せるので、条件によっては簡単なグラデーション塗装ができるというのも、あながちうそではなさそうです。
塗装膜がスプレーより薄く仕上がるので、どうせ塗膜で埋まるからどうってことないと思っていた細かな傷が出てきてしまいました。それくらいには薄い塗膜です。

今回は、塗った色が色だけに、写真であまりお見せできません。というか、部品も小さい上、表面の粒子感ともなると、写真での表現はきびしいものがあります。

以前のレビューで、ポトッと床に垂れたというのは、この上部の水滴です。このイージーペインター、一応吸い上げ式なんですが、吸い上げた塗料の一部が吹き出し口付近にたまります。

使用後のイージーペインターです。

エアブラシよろしく、溶剤での手入れが不可欠です。簡単に各部を拭いた後は、溶剤を入れて吹いたりして、次回の塗装に今回の色が混ざらないようにします。ちょっとした手間です。

今回は、クレオス・スーパーブースを使って室内で塗装を行いました。

右端に写っていますが、エアブラシも実は導入済みです(といってもプチコンのセットです)ので、また感想の記事を書いたり、塗装をするのが楽しみです。

スーパーブースですが、イージーペインターは問題なく吸ってくれました。吸わない吸わないと言われる商品ですので不安でしたが、杞憂に終わりました。音も、隣家・隣室に響くようなものではなく静かです。

ブース中央に向かって吹き付けるよう意識して塗ったところ、ブース直下には塗料の玉が散りましたが、左右にはまったく付着していません。が、圧や吹き方次第で吸わないという評価になるのかもしれません。

なお、手で感じる圧としては、プチコンのセットの圧より、イージーペインターのほうが圧が高いようです。

また塗料を買い足したら続きを書きます。ではでは。


ガンプラ ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村
PR